BRAND HISTORY

I

THE STORY OF BULLEIT BOURBON
I

I

1987年、 トーマス・E・ブレット Jr. は、
ブレット家に古く伝わるバーボンレシピの復活という彼の生涯の夢を、
ブレット・ディスティリング社創設により実現しました。
トムを触発したのはブレット家の伝説的人物である
彼の曽々祖父オーガスタス・ブレットで、
1830年から1860年にニューオリンズで行方不明になるまでの
30年間に亘り、ウイスキーを作っていたことで知られています。

THE STORY OF BULLEIT BOURBON
II

II

1830年代、ケンタッキー州ルイビルでタバーン(居酒屋)の
店主を務めていたオーガスタス・ブレット。
彼が抱いていたのはたった一つの夢、それはユニークで他に類をみない味わいの
バーボンウィスキーを作ることでした。
度重なる実験の末、彼はついに理想のバーボンを作り出すことに成功します。
しかし、1860年、オーガスタスはケンタッキー州からニューオーリンズ州まで
バーボンを運ぶ途中に行方不明となり、
ブレットの伝説的なバーボン作りのレシピも、
彼と共に世の中から姿を消すこととなります。

THE STORY OF BULLEIT BOURBON
III

III

その後、曾々孫であるトム・ブレットによって現代に甦った
ブレット バーボンは、代々伝わるレシピを受け継ぎ今日まで発展してきました。
ケンタッキー川支流から取水される石灰岩で濾過された清水で作られた原酒は
バーボンのボディを作り、高品質のライ麦を多く使用した独自のレシピによって、
そのスパイシーかつなめらかな味わいが生まれます。
そして、焦がしたアメリカンオーク樽で熟成することで、
スモーキーさが加わります。
ブレット バーボンの熟成に対する姿勢、
それは「時がくるまで待つ」という至ってシンプルなものです。

III

CHAMPAGNES
シャンパン

WINES
ワイン

SPIRITS
スピリッツ