BRAND HISTORY

1848

THE STORY OF KRUG

1848

ヨーゼフ・クリュッグ、
自身のビジョンを書き記す

クリュッグの創業者ヨーゼフ・クリュッグは、
自分の描いたヴィジョンと確固たる哲学のすべてを1848年に手帳に書き残しました。
このビジョンと哲学は、今日に至るまでクリュッグに受け継がれています。

THE STORY OF KRUG
1848

1866

2代目当主ポール・クリュッグ1世、
メゾン・クリュッグを引き継ぐ

父ヨーゼフの死後、息子のポール・クリュッグ1世がメゾン・クリュッグを引き継ぎます。
年を追うごとに事業が拡大していく中、メゾンは創業者であるヨーゼフが生前に購入していた、
コクベール通り沿いの庭付きの屋敷へと移転しました。
以来この場所が、メゾン・クリュッグの拠点となっています。

THE STORY OF KRUG
1866

1903

クリュッグ、初めて王室御用達の
栄誉に輝く

1840年半ばから1860年代の半ばにかけて、シャンパーニュの輸出量は倍増しました。
クリュッグの売り上げも増加しましたが、ポール・クリュッグは販売量よりも
品質で知られるメゾンとしての地位を確立させようと努めました。
そうした努力が実を結び、クリュッグは初めて英国王室御用達のワインメーカーとして
認定を受け、さらに他の多くの認定を受けることになりました。

THE STORY OF KRUG
1903

1971

アンリとレミのクリュッグ兄弟、
メニル・シュール・オジェ村に畑を購入

はるか昔、創業者ヨーゼフがその名を口にしていた
メニル・シュール・オジェ村は、ランスから35キロのところにあります。
シャンパーニュで名高い村のひとつであり、すばらしいシャルドネの名産地として
知られています。1971年のこと、アンリとレミのクリュッグ兄弟のもとに、
メニルの15エーカー(6ヘクタール)ほどの畑が売りに出されたという、
この上なく嬉しいニュースが届きます。
アンリたち兄弟は畑を見るまでもなく、電話のやりとりだけで購入を決めました。

THE STORY OF KRUG
1971

1972

卓越したシャンパーニュにふさわしいボトルを

クリュッグ兄弟は、それまで使われてきたシャンパーニュのボトルが、
おそらく、その中身のすばらしさに適していないのではないかと考えました。
1972年、彼らは卓越したシャンパーニュには卓越した形状が必要だと考えました。
こうして、新たにクリュッグのスタイルを体現したボトルデザインが考案されます。
クリュッグ プライベート・キュヴェはクリュッグ グランド・キュヴェとして生まれ変わりました。

THE STORY OF KRUG
1972

1976

アンリとレミ、クリュッグ兄弟、
アイ村で良質のピノ・ノワールと出会う

1976年、シャンパーニュ地方のアイ村でつくられたピノ・ノワールの
品質の高さに関心を抱いたクリュッグ兄弟は、ピノ・ノワールを使った実験を行い、
やがてクリュッグロゼを生み出します。

アンリとレミ、クリュッグ兄弟はそれまでのロゼとはまったく異なる手法で
この新しいシャンパーニュ造りに取り組みました。
彼らもクリュッグ家の型にはまらないパイオニア精神を受け継ぎ、
その精神をすでに発揮していたのです。兄弟はクリュッグ グランド・キュヴェと同じように、
ヴィンテージの概念を超えた創造的な姿勢でロゼに臨み、
新たなシャンパーニュのアイディアに生命を吹き込んでいきました。
そうして1976年のピノ・ノワールが収穫されたのです。

THE STORY OF KRUG
1976

1986

クリュッグ クロ・デュ・メニルの登場

クリュッグ クロ・デュ・メニルが生まれたのは、
この石垣で囲まれた畑のブドウからつくられるワインの風味が非常に豊かであり、
この畑のワインだけで優れたシャンパーニュを生み出す力を持っていたためです。
「二人はこのシャンパーニュと恋に落ちたのです」と、
アンリの息子であるオリヴィエは語ります。

アンリとレミのサヴォアフェールによって磨き上げられた
クリュッグ クロ・デュ・メニルには、個々のワインへの細やかな気配り、
労を惜しまずじっくりと行われた分析、そしてバランスへの配慮、テイスティングを行い
ブレンドするプロセスなど、クリュッグならではの細部へのこだわりに加え、
最終的な製造の過程で発揮されるクリュッグ家独特の直感が反映されています。

THE STORY OF KRUG
1986

2009

オリヴィエ・クリュッグ、
ディレクターに就任

2009年、すでにテイスティングコミッティーのメンバーだったオリヴィエ・クリュッグが
メゾンのディレクターに就任しました。

彼もまた、クリュッグの精神の伝道者としての役割も担うことになったのです。
彼は至高のシャンパーニュを生み出してきたクリュッグ6代目当主ですが、
彼の原動力となっているのは、祖先が代々そうであったように、
彼自身がシャンパーニュに注ぐ情熱に他なりません。

THE STORY OF KRUG
2009

CHAMPAGNES
シャンパン

WINES
ワイン

SPIRITS
スピリッツ