Ruinart

1700

THE STORY OF RUINART

1700

ドン・ルイナールのヴィジョン

18世紀初めから、ドン・ティエリー・ルイナールは、当時「泡立つワイン」として知られていたシャンパーニュの輝かしい将来性を見抜いていました。勤勉で謙虚なベネディクト派修道会の高僧であった彼は、コンテンポラリー性と鋭いビジネス感覚も持ち合わせていました。彼の信念は甥であったニコラ・ルイナールへと引き継がれました。

THE STORY OF RUINART
1700Episode I

1729 Episode I

ニコラ・ルイナール

初めての「泡立つワイン」は、繊維商を営んでいたニコラの顧客にギフトとして配られました。洗練されたビジネスマンであったニコラは、叔父の画期的な展望と「泡立つワイン」への熱い思いを受け継ぎました。彼はわずか6年で成功を収めました。

THE STORY OF RUINART
1729Episode II

1729 Episode II

世界で初めての
シャンパーニュ・メゾン

「神と聖母の名において、この書物をひらき賜え」…1729年9月1日、父と同じく繊維商であったニコラ・ルイナールはこのように手記に最初の一文をしたため、世界で初めてのシャンパーニュ・メゾンとしてルイナールが正式に記録されました。

THE STORY OF RUINART
1729

1735

シャンパーニュ事業への専念

1735年、ルイナールは、急成長を遂げたシャンパーニュ事業に専念するため繊維商から退きました。ニコラはシャンパーニュの生産に情熱をそそぎ、メゾンの生産量は、1730年の170本から1731年には3,000本、1761年には36,000本と飛躍的に成長しました。

THE STORY OF RUINART
1735

1768

古代の白亜質の石切り場跡
「クレイエル」

1768年、ルイナールは、ランスの地下38メートルほどにはり巡らされたガリアローマ時代の白亜質の石切り場跡をシャンパーニュを熟成させるセラーとして使用するために取得しました。

THE STORY OF RUINART
1768

1931

クレイエルが歴史的建造物に

1931年にフランスの歴史的建造物に認定されたクレイエルは、温度が安定していて、振動が全くなく、そして湿度が最適であるという、シャンパーニュの熟成に最適な環境を持っています。

THE STORY OF RUINART
1931

Contact

Pagetop